製品案内

感染制御情報システム
医療データを活用する
医療安全対策のシステム機能詳細

機能特徴

院内状況をリアルタイムで把握できる
誰でも操作できて業務効率アップ
医療データマイニングソフトで有用な知見を発見
原因究明から予防まで感染管理でICTをサポート
医療システムで病院が変わる

導入事例

日本赤十字社医療センター感染制御チーム
虎の門病院 臨床感染症部 医師 荒岡 秀樹先生

院内状況をリアルタイムで把握できる

今なすべき対策がわかるリアルタイム医療体制へ

感染制御情報システム「ICONS21」は、簡単に入力できる・いつでも閲覧できる・わかりやすく表示されるという機能を持ちあわせた、総合的かつリアルタイムでの感染管理・感染対策・感染予防を実現するシステムです。

今打つべき手がかわるリアルタイム医療体制へ
今打つべき手がかわるリアルタイム医療体制へ

ラウンド後すぐのデータ入力でリアルタイム把握

感染対策の効果が目に見える

「耐性菌検出」「菌検出推移」などの状況をリアルタイムで確認可能。抗菌薬使用状況、感染症発生件数や薬剤耐性菌の保菌、インフルエンザウイルスなどに、どのような変化が出たのか、対策効果はあったのかをわかりやすく確認できます。

感染症発生状況がダイレクトにわかる

「マップ管理システム」により、院内における感染症発生状況がWeb上でリアルタイムかつダイレクトにわかります。どの病室のどの患者がどのような状況にあるのかを、ビジュアルでわかりやすく表示。患者移動情報も即座に反映されるため、状況に応じて即座に最適な対策がとれます。

常に最新情報を入手

常に最新情報を入手

院内にあるさまざまなデータが集約されており、感染管理・対策に関するデータをスピーディーに検索できます。ラウンド時に患者ごとの病態情報、分離菌の薬剤感受性結果などを確認できます。最新の検査データ、病状情報を把握したうえで、適切な対応が可能になります。



       私たちが感染管理で欲しかったのはこんなシステムでした。

導入事例一覧
実績一覧
お問い合わせ